仮性包茎はメリットばかり?【日本人の勘違い】

我々男性にとって、ペニスに関する悩みは永遠に尽きることがありません。

我が国、日本では一般的に包茎は忌み嫌われる存在であります。

包茎ダサい!

しかし、21世紀の今日、海外に目を向けてみると問題があるのは、真性包茎とカントン包茎のみであり、仮性包茎は普通、割礼(赤ちゃんの時に包皮をカットする)といった儀式も減りつつあるようです!

いまだに、ズルムケペニスを理想としているのは、ユダヤ教徒とイスラム教徒と韓国人と日本人くらいのようです‥。

21世紀の科学的見地からすると包皮は必要なようです。

要するに、世界では仮性包茎がトレンドなんですね!

それでは、簡単に仮性包茎のメリットを挙げてみましょう。

仮性包茎のメリット

包皮が亀頭を守ってくれる

美容クリニックで包茎手術を受けズルムケペニスを手にいれてしまった場合、亀頭が乾燥してしまう。包皮に包んでいた亀頭の方が潤っている。

セックスの時に摩擦を減らす緩衝材となる

手術により包皮のあまりをなくしてしまうと、セックスの時に摩擦が伴い、女性も男性も傷ついてしまうことが多くなるようです。割礼が盛んであった頃の方々にはこのような問題が多発し、包皮再生術までおこなう男性が多くいたようです。

包皮があまり過ぎてて手術する場合でも、亀頭を包めるくらいの余裕を持たせるのが世界のトレンドのようです。

包皮には性感帯があるのでズルムケより、気持ちよくなれる

包皮にも性感帯があるようです。割礼やズルムケにするための手術ではこの部分を切除してしまうため、セックスによる快感が減ってしまうので、人生の幸せを幾分捨ててしまうことと同じです。

オルガズム

ズルムケ(包茎手術)のメリット

陰茎ガンになりにくくなる

しかし、日本での陰茎ガン発症率は100万人に2人という発症率。ペニスを不衛生にしていることが原因になるようですが、包皮を剥くことができ入浴時に水洗いしていれば、まず気にしないで大丈夫でしょう。

むしろ割礼による死亡事故、包茎手術による後遺症などデメリットが発生する確率の方が高いようですね。

※大人のなっても真性包茎の人はペニスが不衛生になってしまうので、泌尿器科へ相談にいきましょう。

ズルムケ信仰国、日本人や韓国人の女性にはウケる

いまだに、日本人女性にはズルムケの方が人気があるようです。包茎は不衛生といったステレオタイプによるせいでしょう。現在、30代40代以上の方は世代的にズルムケの方が良いかもしれませんが、未来に生きる若い世代の方達や、これから世界で活躍を考えている方は、ズルムケがマイノリティーになってしまう可能性が高いので、これから手術を受けることはオススメできません。

セックスに強くなれる

AVか何かの見過ぎでしょう。ズルムケになったことにより男らしいペニスになったという自己暗示にかかり自信がついただけです。

ズルムケがセックスに強くなるという科学的根拠はありません。むしろ、包皮にある性感帯を失うことにより、ED(勃起不全)の原因になってしまう場合もあるようです。

勃起不全

男性のほとんどは、割礼を受けなければ包皮が余っているのが普通です。要するに生物学的に考えて、包皮は進化の過程で必要なものとして現れたわけですよね?

世界には割礼、ズルムケ信仰のような間違った習慣がいまだにたくさん残っています。私たちが普通だと思っていても、よーく考えてみると自然に逆らった習慣がたくさんあります。女性の割礼などは、その顕著な例です。男性の割礼もまた然りです。

人類にとってセックスとは1番大切なものであり根元であります。人間が幸せに生きるため、そのセックスに必要な性器の自然な在り方について今一度考えてみることも必要ではないでしょうか?

性欲増強

【とりあえず仮性包茎になりたい方への関連記事】
>>>ちんこ皮のむき方【真性包茎の方むけ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする