勃起不全が慢性化したら病院へ

勃起不全が慢性化したら病院へ

勃起不全とは、セックスをするために十分な勃起を維持できなくなってしまう症状です。慢性的なタイプから、一時的に発症するタイプなどその原因や個人差にばらつきがあります。
勃起不全は50代以上の男性には普通のことですが、早い人では30代くらいから起こる場合も多々あります。

疲労などにより、ごく稀に勃起不全が起こってしまう程度なら問題ありませんが、慢性的な勃起不全になってしまった場合は、ストレスや身体のどこかに重大な原因がある場合もあります。また、慢性的な勃起不全に陥ってしまうと精神的不安を引き起こしやすくなってしまいます。

勃起、自分の性生活などについてドクターに相談することは気がひける方も多いでしょうが、専門家による勃起不全治療は、より正確に男性機能を取り戻してくれるでしょう。

サプリメント

勃起不全の原因は?

過去にさかのぼると、勃起不全は精神的なことが原因となり引き起こされると考えられていましたが、現在では身体的な問題でも起こるという考え方が普通です。

勃起の引き金は想像、脳からの信号ですが勃起不全は健康状態、投薬の副作用など物理的な原因により引き起こされる場合が多々あります。

どちらにしても原因を放っておくと、取り返しのつかないところまで問題が進んでしまう可能性があります。

主な勃起不全の原因

  • 医薬品の副作用
  • アルコール・薬物
  • 前立腺癌治療
  • パーキンソン病
  • 低テストステロン・ホルモン障害
  • うつ病
  • 不安
  • 疲労
  • 心臓疾患
  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • メタボ

勃起不全(ED)が慢性的に起こるかたは専門家によるカウンセリングや治療を受けましょう。

〜関連記事〜
ペニトリン楽天で購入してたけど大損だった話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする